車の手続き.com TOP > 変更 > 車を譲り受けた(普通自動車)

普通自動車を譲り受けた

普通自動車を購入したりもらった場合は、車検車の名義変更手続きを行います。
名義変更手続きは新使用者の住所(今後車を使う場所)を管轄している運輸支局で行います。

名義変更を行う場合の自動車税について

自動車税は、毎年4月1日午前0時の時点でその自動車を所持する人に対して課される税金です。4月1日以降に車を譲り受け名義変更を行っても、旧所有者が全額納付することになります。
法律上は新所有者が自動車税を納める必要はありませんが、残りの期間分を旧所有者に支払うのが一般的です。
トラブルになりやすいので、事前に自動車税の扱いについて決めておきましょう。

●普通自動車の名義変更

■普通自動車の名義変更に必要な書類

名称 説明 入手場所
譲渡証明書 売買や譲渡で自動車の所有者が変わった場合に、いつ誰に譲渡が行われたかを証明する書面。新旧所有者を記入して旧所有者の実印の押印が必要です。 運輸支局の窓口、またはダウンロードできます。
旧所有者の印鑑印鑑 代理人が手続きを行う場合は委任状が必要です。委任状について
旧所有者の印鑑証明書印鑑証明書 発行日から3ヵ月以内のもの 住所地の役所
新所有者の印鑑印鑑 代理人が手続きを行う場合は委任状が必要です。委任状について
新所有者の印鑑証明書印鑑証明書 発行日から3ヵ月以内のもの 住所地の役所
自動車検査証(車検証)車検証 期限が切れている場合は車検を受ける必要があります
新しく使用する場所の自動車保管場所証明書(車庫証明) 車を保管する場所が変わる場合に必要。発行後1ヶ月以内のもの 現住所を管轄する警察署
ナンバープレート ナンバープレートを変更する場合、前後2枚必要です。
変更登録申請書(第1号様式) 手続き当日に購入・記入することもできます。 運輸支局の窓口
手数料納付書 手続き当日に購入・記入することもできます。 運輸支局の窓口
自動車税・自動車取得税申告書 税事務所に対しても住所氏名変更を申告する為の用紙で、運輸支局内または近辺にある税事務所で手続きします。手続き当日に購入・記入することもできます。 運輸支局の窓口

■手続きの流れ

管轄の運輸支局が変わるなど、ナンバーを変更する場合は車を持ち込む必要があります。
希望ナンバーに変更する場合は事前に申し込みが必要です。
1.用紙の購入・作成
名義変更に必要な用紙を購入し記入します。
2.印紙を購入
印紙販売窓口で、変更手数料分(500円)の印紙を購入します。
3.書類の提出
書類一式を窓口に提出します。こちらで不備がなければ、新しい車検証(自動車検査証)が交付されます。
交付された車検証(自動車検査証)に記載ミスなどがないか、必ず確認を行いましょう。
4.税事務所へ名義変更の申告
運輸支局の近くにある自動車税事務所の税申告窓口に、新しい車検証と変更内容の書かれた自動車税・自動車取得税申告書を提出します。
自動車取得税が必要な場合は、ここで納税します。

●ナンバーを変更する場合

1.ナンバーの返却
ナンバー返納窓口にナンバープレートを返納します。
ナンバーを外す為のドライバーや、外し方(リアナンバーの封印の破き方)については、返納窓口に用意されています。

※地域によって、ナンバーを返納するタイミングが異なるので窓口にご確認下さい。

2.新しいナンバーの交付
住所変更後にナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入し取り付けます。
希望ナンバーを事前に申請していた場合は、こちらで希望ナンバーを受け取ります。
3.ナンバーの封印
最後に取り付けたナンバープレートに封印を行ってもらいます。
封印はナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のもので、運輸支局によって正式に登録され検査を受けた後ナンバープレートを取得した証になります。

■費用

●手数料:500円(普通車)
●用紙代:約100円※地域により異なります
●自動車取得税:自動車の車種や年式によっては必要になる場合があります
●ナンバープレート代:ペイント式は2,000円程度、字光式は3,500円程度かかります
初めて字光式ナンバープレートを付ける場合は、照明器具代金が必要です。

※自動車の種類や地域によりナンバープレート代は異なります。詳細は管轄の運輸支局にお問い合わせください。