車の手続き.com TOP > 廃車に関する情報 > 交通事故を起こした

交通事故を起こした

交通事故が起こったら…

負傷者がいる場合は真っ先に救護してください。その後、車を路肩によせて停止表示板を立てるなどして二次災害を防ぎます。
事故を起こした場合は人身事故・物損事故に関わらず必ず警察に報告する義務があります。警察に連絡する際は、事故現場と、事故の状況、負傷者の有無などを伝えます。
単独事故の場合は警察に連絡しない人もいますが、警察に届け出を出して「交通事故証明書」を発行してもらわないと保険金が出ないので注意しましょう。
私有地や駐車場内で事故を起こした場合は、その場所の管理者にも連絡が必要になります。

●事故相手との対応

お互いに名前・住所・連絡先・車のナンバープレート・相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)・免許証番号・車検証などを確認しておきます。
また、余裕がある場合は事故現場を写真に撮るなどして状況を出来るだけ残すようにしておくと良いでしょう。
救急搬送されるなどして相手の連絡先などの情報を全く確認できていない場合は、警察で発行してもらえる「交通事故証明書」で相手側の氏名・住所などが確認できます。病院に行って医師の診断を受けた場合は、修理費や治療費などの領収書や診断書を事故証明書と一緒に保管しておきます。

●保険会社への連絡

警察に連絡したら、次は自分が加入している保険会社へ連絡します。保険証は常に車の中に保管しておきましょう。 任意保険に加入している場合は、車の修理費や治療費などの相手との交渉・示談は保険会社に任せることができます。

●保険会社の役割・対応してくれること

[保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

■自賠責保険

必ず加入しておかなければならない強制保険です。この保険の役割は「人身損害」のみです。
例えば運転中に事故を起こし相手に怪我を負わせた場合、相手の治療費は補償されますが相手の自動車の修理代や自分の自動車の修理代や自分のケガの治療費は補償されません。さらに補償限度額も低いので、自賠責保険しか入っていない場合は自己負担額が高額になることがあります。

■任意保険

入るプランによってさまざまな補償が受けられます。
例えば上記の例の場合、相手への治療費(人身事故)、相手の自動車の修理代(物損事故)、自分の自動車の修理代(車両保険)、自分の治療費(自損事故)も補償されます。限度額も自賠責保険に比べるとかなり高く、相手との交渉などもすべて任せることができます。万が一に備えて、自分がどのような保険に加入しているのか確認しておきましょう。

●事故車はどうしよう?

部品交換や少しの修理で直りそうな場合は、板金塗装業者で修理をしてもらいます。事故車は思わぬところに影響が出ている場合もあるので、軽い事故でも一度点検をしてもらいましょう。 また、保険で修理費がどこまで補償されるのか見積もり依頼もしておきます。
直すのに費用がかかりすぎる場合や事故車にはもう乗りたくないなどの場合は車の処分を考えます。
次の車を買う予定なら下取りに出すのもいいですが、事故車は下取り金額が付かない場合が多いです。ディーラーに廃車を依頼した場合は手数料が必要になる場合がありますが、廃車買取業者ではタダで引き取ってくれて手続きを代行してくれるところもあります。
車の手続きに興味があったり時間の余裕のある人は自分で廃車手続きをしてみてもいいかもしれません。