車の手続き.com TOP > 廃車に関する情報 > 廃車事例集 > 所有者がクレジット会社でローンが残っている車を相続した。

相続した車を処分したいがローンが残っている。車検証の所有者欄はクレジット会社になってる。

車を相続するとローンも同時に相続することになりますが、ローンが残っている場合は担保権として所有者がクレジット会社になっていることが一般的で、そのままでは廃車にすることができません。
まずローンの完済をしてから、所有者の名義変更手続きをして、その後に廃車などをすることができるようになります。
それ以外の方法として、相続人全員が相続放棄する場合についても説明します。

ローンへの対応

車を相続した場合、まずはローンの支払い状況を確認しましょう。
延滞している場合、遅延損害金が必要になる可能性があります。
可能であればローンを早期返済し、所有者の名義変更手続きを進めましょう。

●所有者の名義変更手続き

ローンが完済しても自動的に所有者が変更されるわけではありませんので、クレジット会社に問い合わせる必要があります。手続きにはクレジット会社の書類が必要になります。クレジット会社から契約の際に「所有権解除のご案内」といった内容の書類を受け取っているはずですので、そちらに従って所有者の名義変更の手続きを進めます。

●所有者の名義変更手続き後に廃車

所有者の名義変更ができたら、廃車が可能になります。面倒な手続きを代行してくれる廃車買取業者もあります。事故車・過走行車でも買取りになるケースもありますので、まずは見積もりをしてもらいましょう。

●相続人全員が相続放棄する場合

相続人全員が相続放棄を選択した場合、ローンが残っている車の所有者はクレジット会社になっているため、車はクレジット会社が引き取ることになります。
当然、クレジット会社名義の車を勝手に処分することはできませんので、車を処分するには、家庭裁判所に遺産管理人選任の申し立てをする必要があります。管理人が選任されると、相続人の代わりに管理人が車両を売却し、その代金をクレジット会社に支払います。その際に残ったお金は国庫に入ります。