車の手続き.com TOP > 廃車に関する情報 > 所有者が亡くなった

所有者が亡くなった場合の手続き

自動車の所有者(車検証の所有者欄に記載されている方)が亡くなった場合

自動車の所有者が亡くなった場合、普通自動車は廃車にしなければならないような状態でも『資産』として扱われ遺産相続の対象になります。
このため所有者が亡くなった自動車の手続きを行う時は「遺産分割協議書」に相続権を持つ人全員の実印を押印し印鑑証明書を添付する必要があります。
軽自動車は遺産相続の対象にはなりませんが、直接第三者への譲渡はできないので、第三者へ名義変更をしたい場合は一度親族の方へ名義変更手続きをする必要があります。
手続きは自動車を相続する人が住んでいる地域を管轄する運輸支局(普通自動車)・軽自動車検査協会(軽自動車)で行います。

※状況により必要な書類や手続きが異なる場合があります。詳細は管轄の運輸支局(普通自動車の場合)・軽自動車検査協会(軽自動車の場合)にお問い合わせください。

●相続した自動車を使いたい

自動車を相続したら車の所有者の名義を変更します。
自動車の所有者が亡くなっている場合の手続きには、通常の必要書類に加え、以下の書類が必要になります。

※状況により必要な書類や手続きが異なる場合があります。詳細は管轄の運輸支局(普通自動車の場合)・軽自動車検査協会(軽自動車の場合)にお問い合わせください。

■普通自動車の手続きに必要な書類

名称 説明 入手場所
遺産分割協議書 相続権のある方全員の実印の押印が必要です 決まった形式はありません。司法書士・行政書士に製作を依頼するかダウンロードしてご記入ください
印鑑証明書印鑑証明書 発行日から3ヶ月以内のもので遺産分割協議書に押印した全員分の印鑑証明書が必要です 住所地の役所
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明する書類です 本籍地の役所
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明する書類です
※戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は不要です
本籍地の役所

■軽自動車の手続きに必要な書類

名称 説明 入手場所
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明する書類です 本籍地の役所
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明する書類です
※戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は不要です
本籍地の役所

●相続した自動車をしばらく使わないので置いておきたい

相続した自動車を年単位で使わないが残しておきたい、相続人が免許を取るまで置いておきたい…など車は処分しないけれど長期間使わない場合は、一時的に車の登録を消す廃車手続きを行うと税金の支払いを止めることができます。自動車税は年に1回、自動車重量税は3年または2年に1回(車検毎)に必要になるため、1年以上自動車に乗らない場合はお得になります。
公道を走ることはできませんが、自動車を使いたい場合は、中古車新規登録手続きを行えば使用できるようになります。中古車新規登録は平日の昼間に手続きに行く必要があり、仮ナンバーを取得したり点検をしたりなど手続きが複雑で検査費用なども必要になります。そのため年に数回しか使わないなど使用頻度は少なくても使う可能性がある場合は、名義変更のみ行い自動車の登録は残しておく方が手間がかかりません。
自動車の所有者が亡くなっている場合の手続きには、通常の必要書類に加え以下の書類が必要になります。

※状況により必要な書類や手続きが異なる場合があります。詳細は管轄の運輸支局(普通自動車の場合)・軽自動車検査協会(軽自動車の場合)にお問い合わせください。

■普通自動車の手続きに必要な書類

名称 説明 入手場所
遺産分割協議書 相続権のある方全員の実印の押印が必要です。 決まった形式はありません。司法書士・行政書士に製作を依頼するかダウンロードしてご記入ください。
遺産分割協議書に押印した全員分の印鑑証明書印鑑証明書 発行日から3ヶ月以内のもので遺産分割協議書に押印した全員分の印鑑証明書が必要です。 住所地の役所
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明する書類です。 本籍地の役所
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明する書類です
※戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は不要です。
本籍地の役所

■軽自動車の手続きに必要な書類

名称 説明 入手場所
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明する書類です。 本籍地の役所
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明する書類です
※戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は不要です。
本籍地の役所

●所有者が亡くなった自動車を処分したい

自動車の所有者(車検証の所有者欄に記載されている方)が亡くなった場合でも、自動車を廃車にすることはできます。
自動車の所有者が亡くなっている場合の手続きには、通常の必要書類に加え、以下の書類が必要になります。

※状況により必要な書類や手続きが異なる場合があります。詳細は管轄の運輸支局(普通自動車の場合)・軽自動車検査協会(軽自動車の場合)にお問い合わせください。

■普通自動車の手続きに必要な書類

名称 説明 入手場所
遺産分割協議書 相続権のある方全員の実印の押印が必要です。 決まった形式はありません。司法書士・行政書士に製作を依頼するかダウンロードしてご記入ください。
遺産分割協議書に押印した全員分の印鑑証明書印鑑証明書 発行日から3ヶ月以内のもので遺産分割協議書に押印した全員分の印鑑証明書が必要です。 住所地の役所
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明する書類です。 本籍地の役所
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明する書類です
※戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は不要です。
本籍地の役所

■軽自動車の手続きに必要な書類

名称 説明 入手場所
戸籍謄本 死亡された名義人との親族関係を証明する書類です。 本籍地の役所
除籍謄本 名義人が死亡していることを証明する書類です
※戸籍謄本に所有者の死亡が明記されている場合は不要です。
本籍地の役所